わきがの匂いを抑える誰でも簡単ケアを紹介

わきがとは、脇から放たれる鼻をつく匂いのことを指します。アポクリン腺から出るタンパク質や脂質を含む汗が原因といわれていますが、エクリン腺から出る汗や皮脂の酸化臭などが合わさることが原因とも入れています。体調や気候などの環境条件が原因となる場合もあります。遺伝やホルモンの作用、生活習慣の乱れなども原因となり得ます。自分では気づかないことも多いです。衣類のわきが触れる部分に黄ばんだようなシミが残る方は、わきがの可能性が高いです。また、女性の場合は、月経や妊娠、出産といったタイミングでわきがの匂いが一時的に強くなることがあります。更年期以降は気にならなくなることも多いようです。手術という対応方法もありますが、手術には踏切りづらいという方も多いと思います。ここでは自宅でできるセルフケア方法をお伝えします。

自宅でできるわきが対策セルフケア

まず気をつけたいのが食生活です。タンパク質を多く含むお肉や、ニンニクなどの匂いの強い食べ物の食べ過ぎは要注意です。食物繊維は積極的に取りましょう。わきがは便秘から来るともいわれているので、腸内環境を整えることも対策としては有効です。梅干しや海藻といったアルカリ性食品も、アンモニアや脂肪の匂いを分解してくれるのでお勧めです。アルコールやタバコは汗腺を刺激するので、こちらは控えましょう。また、ストレス解消も重要です。ストレスは汗が含むアンモニアの量を増やしてしまうといわれています。リラックスできる時間を過ごすことを心がけましょう。しっかり運動して、毛穴に詰まった老廃物を流すことも重要です。お風呂では、石けんやボディソープをしっかり泡立てて、素手で優しく洗いましょう。お酢風呂や重曹風呂、ミョウバン風呂に浸かるのも効果的とされています。

わきが対策のセルフケアのコツはやり過ぎないこと

わきが対策のセルフケアは、毎日必ず行いましょう。時間が経つほど悪化してしまうので、毎日清潔に保つことが必要です。しかし、ケアのし過ぎも禁物です。やり過ぎが、却ってわきがを酷くしてしまうことがあるのです。まず、わきがを抑えるクリームの塗りすぎには注意しましょう。悪い菌から守ってくれる常在菌のバランスが崩れて、皮膚環境が悪化してしまいます。また、洗いすぎも皮膚には良くありません。皮脂不足に陥り、それを補うために皮脂が過剰分泌してしまいます。わき毛の処理も欠かさず行い、細菌の繁殖を防ぐようにしましょう。こまめにシャワーを浴びる、汗はこまめに拭くといったことも効果があります。わきが対策の第一歩は、食生活に気をつけ、睡眠時間をしっかり取って、生活リズムを整えることにあります。わきがへの対策をしっかり行い、わきがが発生しづらい生活習慣を築きましょう。

施術は片側60分程で終わり麻酔も効いてますので痛みは全くありません。 病院選びで大切なことは医師選びです。 汗腺の取り残しがないように、片ワキに対して約1時間じっくり治療します。 医療機関である当社の強みについては、常に患者様のことを考えた医療計画作りにあり、より満足頂ける病院にしています。 もう、わきがで悩まない!わきが治療はAYC銀座形成外科へ