最安値でできるわきがの匂い対策

自宅で安価にできるわきが対策として、デオドラント剤についてご紹介します。一口にわきがといっても軽度か重度かで対策は違ってきます。デオドラント剤は医薬品ではないので、臭いの程度によって使いこなすことが重要です。たとえば臭いが強い方は殺菌作用の強い塩化ペンザルコニウムが配合された軟膏タイプやスティック式を使い、しっかりと腋に塗りこむのがオススメです。このとき腋に毛が生えていると臭いの素となる細菌の繁殖が活発になるので、できるだけ処理しておくことが好ましいでしょう。中度から軽度の方なら比較的弱い殺菌剤であるフェノールなどが配合されたもので、スプレータイプなど使用感のいいものを選べば十分です。また、非わきがではあるものの脇の汗臭さが気になるという方は消臭作用のあるウェットシートで軽く拭くだけでも十分汗臭さを抑えることができます。

あなたの体臭の強さの見極めかた

ではあなたの腋の臭いがどのくらいの強さなのか調べてみましょう。臭いの程度は自分で簡単に判断することができます。まずは綿棒であなたの耳垢をこすってみてください。キャラメルが溶けたような耳垢がつくなら重度、綿棒が軽く湿った状態で済むなら軽度から中度、乾燥した耳垢がつくなら非わきがと判断できます。また下着などの腋に色がつく方はわきがと判断することができます。これはわきががアポクリン汗腺というたんぱく質や脂質等の有機酸が含まれる汗によって発生するためで、通常の汗は主に水と微量の塩からなる透明なものなのに対し、アポクリン汗腺から分泌された汗は黄ばみを残します。日本人は清潔志向が高いので、ただ汗臭いだけでわきがと勘違いする場合がよくあります。まずは自分がわきがなのかどうか、その臭いがどのくらいの程度なのか確実に見極めることが正確な対策への近道となるでしょう。

わきがの原因とその予防法について

わきがは体質の一種であり、その多くは両親からの遺伝によるもので、アポクリン汗腺の量は決まっています。完全に臭いを抑えるには汗腺除去の手術をするほかありませんが、臭いの程度については生活習慣を改善することである程度抑制することが可能です。その一つとして挙げられるのが、まず食生活の改善です。肉などの高カロリーで高脂肪の食品を必要以上に摂取することで皮下脂肪がつきやすくなり、その脂肪がアポクリン汗腺の活動を促すことになります。またニコチンやアルコールも汗腺を刺激する作用があり、アポクリン汗腺の働きが活発になるので、控えることをオススメします。またストレスを溜め込まないことも重要です。ストレスは精神的発汗を促し、わきがの臭いが汗の蒸発とともに飛散しやすくなります。これらを日常的に気をつけることで、臭いの程度を軽減させることが可能となるのです。